フリーソフトGoogleDriveを使ったCSVデータ(文字コードutf-8)の作り方

2013-07-11_09h24_43

先日の記事では、GoogleDriveを使って画像からテキストを変換する方法をご紹介しました。

今日はその画像からOCR変換したテキストを使って、GoogleDriveでCSVデータ(文字コードutf-8)を作ります。

作ったCSVデータは暗記アプリなどで活用することができます。

ここでは単語カードアプリ「i暗記」を使ったCSVデータ活用方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

Googleスプレッドシートを使ってCSVデータ(UTF-8)をつくる

まずは、Googleドライブの「スプレッドシート」を使って、暗記カードの「問題」と「答え」を作っていきます。

2013-07-11_09h24_43

Googleドライブより「作成」⇒「スプレッドシート」を選びます。

2013-07-11_09h31_23

次に、画像をOCR変換したGoogleドキュメントで、テキスト(問題になる部分)を選択し、右クリックで「コピー」をクリックします。

2013-07-11_09h33_01

そして、先ほど作成したスプレッドシートに、コピーしたテキストを貼り付けていきます。(A列に貼り付けていきます。)

i暗記の場合、A列が「表カード」、B列が「裏カード」になります。

2013-07-11_09h50_44

続いてB列に問題の「答え」を入力していきましょう。

2013-07-11_09h43_53

左上の「無題スプレッドシート」の上をクリックし、ファイルのタイトルを任意でつけます。
『例:中1・期末テスト(理科)』

「問題」と「答え」が作成できたら、あとはCSV形式で保存するだけです!

2013-07-11_09h52_29

「ファイル」⇒「形式を指定してダウンロード」⇒カンマ区切りの値(csv、現在のシート)」をクリックします。

2013-07-11_09h55_30

すると、作成したスプレッドシートからCSVファイルが作成されました!
文字コードはutf-8で保存されています。
いちいちutf-8に変換する必要はありませんので、非常に便利ですね!

CSVファイルが保存されている場所はダウンロードファイルの中です。

「i暗記」でテキストデータをインポートするには

2013-07-10_16h46_17

いよいよ作成したデータをi暗記に登録していきたいと思います。

i暗記のカードデッキをインターネットから作るにはユーザー登録(無料)が必要になります。

まだ、登録していない人はアカウントを作成し、ログインして下さい。

2013-07-10_16h52_17

サイドバーの「カードデッキを作る」をクリックし、「カードデッキタイトル」、「表面タイトル」、「裏面タイトル」、「説明文」、「カテゴリ」、「タグ(任意)」などを入力します。

2013-07-10_16h57_53

CSVファイルからのインポートで「ファイル選択」をクリックします。

ここで先ほどダウンロードしたCSVファイルを選択します。

2013-07-11_10h01_03

CSVファイルを選択⇒「開く」をクリックします。

2013-07-11_10h04_18

「カード情報を入力する」をクリックします。

2013-07-11_10h05_29

カード一覧を確認し、この内容で良ければ「編集を完了する」をクリックします。

あとは「i暗記を」を起動し、この内容をインポートするだけです!!

i暗記で使うには?

では、タブレットやスマホで「i暗記」アプリを起動してみてください!(i暗記のアカウントでログインしてください。)

IMG_0896IMG_0897

下の「+」ボタンをタップし、「Webからダウンロードする」をタップすると先ほど作成したCSVデータが確認できます!

IMG_0898IMG_0901

作成したCSVデータをタップし、ダウンロードをタップします。ダウンロードが完了すればカードデッキが使えるようになります。

IMG_0902IMG_0903

i暗記のHOME画面をみると、ダウンロードしたファイル名が表示されていると思います。

これで作成したCSVデータがi暗記アプリで使えるようになりました!

たくさん単語カードを作りたい場合に活用してみて下さいね!

スポンサーリンク

「中学校の勉強法(暗記) 」カテゴリの関連記事

英単語アプリの決定版!単語暗記アプリ「Flashcards Deluxe」の使い方①
英単語の暗記におすすめ!単語暗記アプリの決定版!「Flashcards...

赤シート機能搭載!教科書をまるごと暗記できるアプリ「アンキスナップ」(Android,iOS対応)
赤シート・緑シー機能搭載!教科書をまるごと暗記できるアプリ「アンキスナ...

画像のテキストをOCR変換してくれるGoogleDrive(フリー)が便利!
スマホなどで撮影した画像のテキストをOCR変換してくれるGoogleD...

簡単に暗記カードを作れるタブレットアプリ「i暗記」
簡単に暗記カードを作れるタブレット(スマホ)アプリ「i暗記」。i暗記は...

スポンサードリンク

特集ページ

効率の良い勉強法

難関大学に合格した先輩の効率の良い学習法を伝授します!!!

勉強法を読んだら一つずつ実践してみること!
自分に合った学習法を見つけるヒントにしてくださいね♪

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ