英語の絵フラッシュカードをアプリで自作する方法!Flashcards Deluxe編

先日から紹介してる単語帳アプリ「Flashcards Deluxe」ですが、このアプリを使って右脳に働きかけるという絵のフラッシュカードを作成してみました!(今回は英語のA-Zアルファベット!)

手順は以下の通りです。詳しい手順についてはそれぞれのページを参照してください。

  1. Google Driveで単語を入力する
    参照⇒Google Driveを使ってデータを大量にインポートする方法
  2. 作成した単語をアプリにダウンロードし、音声をつける
    参照⇒Flashcards Deluxe」の使い方~音声を登録・編集する方法~
  3. 単語カードにあった画像を入れる
    参照⇒「Flashcards Deluxe」の使い方~画像の入れ方~

英単語フラッシュカードを作成する

では早速Google Driveで単語カードを作成していきましょう。

2013-07-25_13h41_13

Google Driveをひらき、スプレッドシートを作成します。A列に英単語を入れていきます。

(※今回は英単語のフラッシュカードを作りましたが、日本語にしたいときは日本語をA列に入力します。)

次に作成した単語をアプリにダウンロードします。

IMG_0367

アプリを開き、右上の「+」をタップし、「Google Drive」を選択します。

IMG_0370

先ほど作成した英単語カードが表示されていると思いますので、チェックをいれダウンロードします。

次に、この単語カードに音声をつけます。

単語帳のオプションを開いてSoundをダウンロードします。

IMG_0376

音声はVoice1に登録します。英語の女性ならEnglish(Female)を選択します。

(※日本語で絵カードを作っている場合は「Japanese」を選択します。)

IMG_0378

「Auto Play Sound」は「オン」にしておいてください。

IMG_0379

カード画面に戻り、画像を登録していきます。
「Edit Card」をタップしてください。

IMG_0380

Picture1をタップすると画像をカメラで撮るか、アルバムなどに入っている写真を選ぶかの画面が表示されます。

あらかじめ、写真を撮影している場合は「Library」をタップします。

IMG_0383

撮影した写真を選択すると登録されます。

IMG_0384

「Study」画面にもどって、別のカードを表示させ、どんどん同様の手順で写真を登録してみてください!

最後まで登録できるとカード画面にもどります。

IMG_0387

左下の「B」アイコンをタップすると、スライドショウのように、音声付でフラッシュカードが再生されますよ♪

実際のFlashcards Deluxeを使って作った、英語絵フラッシュカードの動画はこちらです。

フォントのオプション設定

IMG_0389

Flashcards Deluxeはフォントのオプションがあります。

IMG_0392

「Font」⇒「Font Size」で大きさ変更が可能です。

IMG_0393

「Font」⇒「Text colors」でテキストの色も変更可能です♪

子供たちと一緒に写真を撮ってフラッシュカードを作るのも良いですね。

是非一度試してみてください!!

Flashcards Deluxeのダウンロードはこちら!


Flashcards Deluxe(Android)350円
※2013年7月18日現在の価格です。

Flashcards Deluxe Lite iOS(無料版)はこちら
(登録できる単語カードの数に制限があります。)

スポンサーリンク

スポンサードリンク

特集ページ

効率の良い勉強法

難関大学に合格した先輩の効率の良い学習法を伝授します!!!

勉強法を読んだら一つずつ実践してみること!
自分に合った学習法を見つけるヒントにしてくださいね♪

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ