通勤時間を活用した勉強法で、二級建築士合格!

train

まずは、建築士についてお話をしましょう。

建築士とは、建物を建てるために法律に沿うように計画をしたり、住み心地や使い勝手がいいように部屋の配置を決めたりします。

国家資格としての建築士には、大きく2種類あって、通常の一軒家などある程度限定された規模の設計を出来るのが、二級建築士。

大型ビル(オフィスビルや、マンション、デパート、ホテル、空港など)を計画する資格があるのは一級建築士です。

どちらも、指定の学校を卒業したり、実際に何年間か設計補佐の実務経験があって、初めて受験することができる資格です。

試験は一次試験の4教科の筆記と、二次試験の製図実技があります。

どういった方法で勉強をしていくかは、それぞれ本人のやり方があるかと思います。
どれがいいというのは一概にはないと思います。

それぞれ皆さんが色々な方の経験談を参考にして自分の方法を見つけ出すものだと思います。教科によっても、勉強方法は変わるかもしれません。

そんな中で、私の二級建築士試験受験時の勉強方法をご紹介します。


スポンサーリンク

通勤時間を活用した勉強法

社会人になると、とにかく時間がありません

仕事中はもちろん勉強に時間を割く事はできません。
家に帰ってもご飯を作ったり、掃除をしたりなどなど、勉強に使える時間がないのです。

その中でどう時間を捻出するかを工夫しました。

休日や夜など、机の前で多少なりともまとまった時間が取れる時は、参考書を開いてともかく知識を叩きこみました。

社会人の良いところといいますか、辛いところといいますか・・・通勤時間があることです。

皆さんにも学校に行くのに、電車やバスを利用する人もいるかと思います。
そういった時間に、一問でもたくさんの練習問題を解きました。

運の良いことに、建築士試験は、英検やTOEICと同様に選択問題だったので、多くの問題を解くことが、内容を頭に入れると共に試験への準備にもなりました。

ともかく、電車の待ち時間、電車の中、はたまた待ち時間など、5分でも10分でも無駄にはしませんでした

年齢とともに記憶力も低下するし、試験の範囲は広範囲だし、仕事でも頭を使うし・・・で、短期集中型では、決して乗り切れません。半年以上もの長いスパンで、上記のような時間を過ごしました。

短い時間でも、積み重ねれば結果的には長い時間になる。
「塾に行くまで10分しかないから・・・」何もしないのではなくて、その10分も週に1回あれば、月に40分。

年に500分以上、8時間以上もの時間になります。

日々の中でどう時間を捻出して、その時間をいかに有効につかうかが、大切なのだと思います。

小さな努力が、大きく実を結ぶのです。

同じような理由で、試験前に急に詰め込むより、毎日のコツコツとした復習の方が成果が大きいと思います。

☆ライター紹介☆ かずみさん(仮名)

☆管理人より☆
隙間時間を利用した勉強法はみなさん行なわれているようですね!
通学時間、お風呂の時間、トイレの時間など活用できますね♪
暗記には反復することが大事!記憶の定着にもよいと聞きますので是非自分の生活に取り入れてみてください♪

スポンサーリンク

「資格取得・受験勉強 」カテゴリの関連記事

勉強嫌いだった僕が変わった!合格者から学んだ勉強法
勉強嫌いだった僕が変わった!合格者から学んだ勉強法。難関大学に合格する...

間違いを徹底復習、基礎固めで宮城教育大学合格!!
間違いを徹底復習、基礎固めで宮城教育大学合格!!まず自分が挑む敵を知る...

間違えたノート1冊で総合旅行業務取扱管理者試験に1発合格!
間違えノートを作り、そこを徹底的に見直すことで総合旅行業務取扱管理者試...

受験勉強は自分を知ることが大切!国立大学を合格した私が実践していた勉強法!
受験勉強は自分を知ることが大切!国立大学を合格した私が実践していた勉強...

隙間時間を利用した勉強法でビオトープ管理士合格!
社会人になってからも何かしらの勉強は必要になってきますが、とにかく学習...

ケアレスミスをなくして確実に試験で点数を稼ぐ!!私が実践したケアレスミス対策
ケアレスミスを減らすことは可能です。ケアレスミスをなくして確実に試験で...

スポンサードリンク

特集ページ

効率の良い勉強法

難関大学に合格した先輩の効率の良い学習法を伝授します!!!

勉強法を読んだら一つずつ実践してみること!
自分に合った学習法を見つけるヒントにしてくださいね♪

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ