中国政府公認!中国語検定「HSK」ってどんな資格?

2013-11-01_11h02_29

現在、世界共通の中国語検定はHSK(漢語水平考試)というもので、1~6級に分かれています。

HSKは、中国政府が公認する中国語検定で、世界共通基準の資格です。
就職・昇進、留学、自己学習など様々なシーンで活用できます。
中国語検定:中検ならHSK【中国政府公認資格】

旧HSKよりも数段優しくなっていて、きちんと三年ほど勉強すれば最高級である6級に合格できるので、個人的にはあまり意味が無いのでは?と思っています。
(ちなみに6割以上の得点率で合格することができます)

しかし、HSKの問題をみてみると細かい語彙の意味の違い{(例)「安静」「平静」の違い}など、なかなか厄介です。

このHSKを目標にすることで普段自分の使っている語彙にも注意がいき、よりネイティブに近い中国語になっていくことは間違いないでしょう。

またHSKは中国語学習のマンネリ化を防いでくれる一つの手段でもあるので、半年勉強した後くらいから受験を考えるのが最適でしょう。


スポンサーリンク

HSKは何級から受けたらよいの?

では、HSKは何級をいつ頃受けたらよいのでしょうか?
具体的に見て行きましょう。

1・2級は受ける必要はありません。日本人は漢字の読み書きができるので他の国の学生に比べて数段有利な状況にあります。

1年勉強した後、3もしくは4級を、2年勉強後は5級を、3年後は6級を目安に勉強してみましょう。

私は大学で中国語の授業ばかり受けていて、留学後半年にこのHSK6級を受験しました。

結果は得点率8割で合格。一般の高校生の場合授業やクラブ活動など、忙しい日々が続くかと思いますが、若い脳をフル活用して1日2時間継続して勉強することができれば3年に上る前に5級を受験してみましょう。

受験の半年前頃から本格的な対策を行うとよいでしょう。

中国語検定「HSK」対策

注意点:過去問を必ず解き、必ず復習する。

復習方法は

  1. 語彙の細かい違いを見逃さない
  2. 自分の間違えた「理由」をはっきりさせる
    (例)ある単語が聞き取れなかった/注意不足によるケアレスミス/時間不足
  3. 正しい文章を音読(これも20回)
    目的:中国語の資格取得、HSK対策を通してより幅広い範囲の中国語をカバー

☆ライター紹介☆ 大阪大学合格!中国語専攻の南さん(仮名)

★管理人より★
語学を習得するには長時間を費やす必要がありますが、マンネリ化を防ぐ、やる気を起こさせるという意味でも、こういった中国語検定を利用するのもいいですね!

スポンサーリンク

「中国語の勉強法 」カテゴリの関連記事

中国語を音読する勉強法は語学学習の王道です!
中国語の勉強法で最も重要なのが発音を練習する「音読」です。この音読を怠...

中国語で日記を書いて、書く能力を鍛えよう!
中国語で日記を書くことは、書く能力を鍛えられる簡単な方法です。SNSを...

中国留学体験記~現地学生との交流も多く中国語も上達しました~
中国の楡林という聞いた事もないような大学に留学しました。現地の人と交流...

本格的な中国語の会話(発音)を練習するためにSkypeで相互学習をしてみよう!
本格的な中国語の会話(発音)を練習するために相互学習してくれる相手を探...

中国留学にかかる費用ってどのくらい?地方都市なら格安費用で留学できます。
中国留学にかかる費用ってどのくらい?地方都市なら格安費用で留学できるの...

スポンサードリンク

特集ページ

効率の良い勉強法

難関大学に合格した先輩の効率の良い学習法を伝授します!!!

勉強法を読んだら一つずつ実践してみること!
自分に合った学習法を見つけるヒントにしてくださいね♪

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ